• ホーム
  • Docker Tips
  • Docker入門『Docker Compose』を使ってWordPressを立ち上げてみた
2022.12.15

Docker入門『Docker Compose』を使ってWordPressを立ち上げてみた

難易度
2
カテゴリー
Docker Tips
やってみよう!
タグ
Docker
WordPress

Docker入門『Docker Compose』を使ってWordPressを立ち上げてみた

本記事では、Docker Composeに関する説明を行っていきます。
前回の記事では、Dockerでアプリケーションを簡単に立ち上げる事可能である事を書いてきました。

ただし、複数のアプリケーションで連携する仕組みなどを用意する場合に、1つずつDockerコンテナを立ち上げていくと起動も管理も大変になってきます。

そこで、PHPでPHPライブラリを管理できるComposerがあるように、Dockerの管理を簡単に行えるようDockerを構成し操作する「Docker Compose」について説明いたします。

目次

  1. Docker Composeとは
  2. Docker Compose でWordPressを作る
    1. 1.1 まずはパッケージ一覧を更新
    2. 1.2 Dockerをインストール
    3. 1.3 Docker Composeをインストール
    4. 1.4 WordPressを作っていきます。
      1. 1.4.1 WordPressをインストールするフォルダ作成
      2. 1.4.2 docker-compose.ymlを作成
      3. 1.4.3 docker-compose でアプリケーション作成
      4. 1.4.4 ページ確認
    5. 1.5 Let's EncryptでSSL化する
      1. 1.5.1 docker-compose.ymlファイル修正
      2. 1.5.2 docker-compose でアプリケーション更新
      3. 1.5.3 初回は鍵の生成に時間がかかるので下記の表示が出るまで待つ必要があります。
      4. 1.5.4 WordPress側へリバースプロキシ用の設定を追加
    6. 1.6 次はFastCGIキャッシュを入れてみます。
      1. 1.6.1 RAMディスクを作成
      2. 1.6.2 設定追加の為confファイルをコピー。
      3. 1.6.3 nginx.confの修正
      4. 1.6.4 php-fpm.confの修正
      5. 1.6.5 docker-compose.ymの修正
      6. 1.6.6 docker-composeで設定反映
      7. 1.6.7 キャッシュの確認方法
    7. 1.7次にリバースプロキシキャッシュを追加します。
      1. 1.7.1 docker-compose.ymlの修正
      2. 1.7.2 リバースプロキシキャッシュのNginx設定追加
      3. 1.7.3 docker-composeで反映
      4. 1.7.4 確認
  3. まとめ

Docker Composeとは

Docker Composeとは、複数のコンテナで構成されるアプリケーションを、簡単に構成操作行えるようにするツールです。

下記のような複数のDockerコンテナを一気に連携・管理する事ができます。

  • ● MySQL + Apache + Laravel
  • ● MySQL + WordPress + SSL
  • ● Dokuwiki + SSL

またDockerの複数のDockerイメージを利用し、新しい組み合わせも簡単に構成する事もできます。

Dockerビルドやコンテナ起動のオプションなどを含め、複数のコンテナの定義をymlファイルに書き、それを元に複数のコンテナを簡単なコマンドだけで操作可能となります。

今回は、クラウドサーバーのALTUSを使って、Docker ComposeでWordPress を作成し、SSL化と、キャッシュも効かせてみるところまでやってみようと思います。

ちなみにキャッシュを有効にすると1300%程度の性能アップに成功したので、ご興味がある方はぜひ最後まで見てみてください!

Docker Compose でWordPressを作る

今回はALTUSのBasicシリーズで、以下構成の仮想サーバー(VM)を用意しそこで作業していきます。

  • ● OS: Ubuntu 20.04
  • ● CPU: 4core
  • ● Memory: 4G

1.1 まずはパッケージ一覧を更新

$ sudo apt update

1.2 Dockerをインストール

$ sudo apt -y install docker.io

1.3 Docker Composeをインストール

2022-07-26時点の最新版v2.7.0

$sudo curl -L 
https://github.com/docker/compose/releases/download
/v2.7.0/docker-compose-`uname  -s`-`uname  -m`  -o 
/usr/local/bin/docker-compose

$ sudo chmod +x /usr/local/bin/docker-compose

1.4 WordPressを作っていきます。

ここからは、rootになって作業します。

$ sudo su -

1.4.1 WordPressをインストールするフォルダ作成

# mkdir -p /app
# cd /app

1.4.2 docker-compose.ymlを作成

# vi docker-compose.yml
version: '2' 
services: 
    mariadb: 
        image: docker.io/bitnami/mariadb:10.6 
        volumes: 
            - 'mariadb_data:/bitnami/mariadb' 
        environment: 
            # ALLOW_EMPTY_PASSWORD is recommended only for development. 
            - ALLOW_EMPTY_PASSWORD=yes 
            - MARIADB_USER=bn_wordpress 
            - MARIADB_PASSWORD=my_password 
            - MARIADB_DATABASE=bitnami_wordpress 
    wordpress: 
        image: docker.io/bitnami/wordpress-nginx:5 
        ports: 
            - '80:8080' 
            - '443:8443' 
        volumes: 
            - 'wordpress_data:/bitnami/wordpress' 
        depends_on: 
            - mariadb 
        environment: 
            - WORDPRESS_USERNAME=wordpress_admin 
            - WORDPRESS_PASSWORD=wordpress_pass 
            - WORDPRESS_DATABASE_HOST=mariadb 
            - WORDPRESS_DATABASE_PORT_NUMBER=3306 
            - WORDPRESS_DATABASE_USER=bn_wordpress 
            - WORDPRESS_DATABASE_PASSWORD=my_password 
            - WORDPRESS_DATABASE_NAME=bitnami_wordpress 
volumes: 
    mariadb_data: 
        driver: local 
    wordpress_data: 
        driver: local

1.4.3 docker-compose でアプリケーション作成

# docker-compose up -d

1.4.4 ページ確認

これだけでVMのIPにアクセスすると、WordPressが表示されます。
http://[VMのIP]

下記で、管理ベージへログイン可能です。
http://[VMのIP]/wp-login.php

YAMLファイルの下記の部分が、ログインのUserとPasswordとなります。
- WORDPRESS_USERNAME=wordpress_admin
- WORDPRESS_PASSWORD=wordpress_pass

WordPressログイン画面

1.5 Let's EncryptでSSL化する

続けて、このWordPressをLet’s EncryptでSSL化していきます。
これもDocker Composeで少し設定を変更するだけ簡単に行う事が可能です。
ここからSSL対応する為に、Let's Encryptを追加していきます。
Let's Encryptを使用する場合は、ドメインが必要です。

ここでは、ドメイン名を「wp.kumolabo.com」として説明いたします。

1.5.1 docker-compose.ymlファイル修正

変更箇所はオレンジ文字の部分

version: '2' 
services: 
    https-portal: 
        image: steveltn/https-portal:1 
        ports: 
            - '80:80' 
            - '443:443' 
        links: 
            - wordpress 
        #restart: always 
        restart: unless-stopped 
        environment: 
            DOMAINS: 'wp.kumolabo.com -> http://wordpress:8080' 
            #STAGE: 'local' 
            STAGE: 'production' 
            #FORCE_RENEW: 'true'
    mariadb: 
        image: docker.io/bitnami/mariadb:10.6 
        volumes: 
            - 'mariadb_data:/bitnami/mariadb' 
        environment: 
            # ALLOW_EMPTY_PASSWORD is recommended only for development. 
            - ALLOW_EMPTY_PASSWORD=yes 
            - MARIADB_USER=bn_wordpress 
            - MARIADB_PASSWORD=my_password 
            - MARIADB_DATABASE=bitnami_wordpress 
    wordpress: 
        image: docker.io/bitnami/wordpress-nginx:5 
        #ports: 
        #    - '80:8080' 
        #    - '443:8443'
        volumes: 
            - 'wordpress_data:/bitnami/wordpress' 
        depends_on: 
            - mariadb 
        environment: 
            - WORDPRESS_USERNAME=wordpress_admin 
            - WORDPRESS_PASSWORD=wordpress_pass 
            - WORDPRESS_DATABASE_HOST=mariadb 
            - WORDPRESS_DATABASE_PORT_NUMBER=3306 
            - WORDPRESS_DATABASE_USER=bn_wordpress 
            - WORDPRESS_DATABASE_PASSWORD=my_password 
            - WORDPRESS_DATABASE_NAME=bitnami_wordpress 
            # ALLOW_EMPTY_PASSWORD is recommended only for development. 
            #- ALLOW_EMPTY_PASSWORD=yes 
volumes: 
    mariadb_data: 
        driver: local 
    wordpress_data: 
        driver: local 

1.5.2 docker-compose でアプリケーション更新

# docker-compose up -d 

docker psで見るとsteveltn/https-portal:1というイメージで、Dockerコンテナが追加されている事が分かります。

# docker ps 
CONTAINER ID      IMAGE                     COMMAND                       CREATED            STATUS            PORTS                                                                         NAMES 
873dbedfbe4d      wordpress:latest          "docker-entrypoint.s..."      4 seconds ago      Up 3 seconds      0.0.0.0:8000->80/tcp, :::8000->80/tcp                                         wordpress-wordpress-1 
0bf692e849d2      steveltn/https-portal:1   "/init"                       5 seconds ago      Up 3 seconds      0.0.0.0:80->80/tcp, :::80->80/tcp, 0.0.0.0:443->443/tcp, :::443->443/tcp      wordpress-https-portal-1 
d8842e35ac00      mysql:5.7                 "docker-entrypoint.s..."      5 seconds ago      Up 3 seconds      3306/tcp, 33060/tcp                                                           wordpress-db-1 

1.5.3 初回は鍵の生成に時間がかかるので下記の表示が出るまで待つ必要があります。

1.5.4 WordPress側へリバースプロキシ用の設定を追加

※こちらを入れないと、CSSなどがhttpでアクセスする事になり正しく表示できません。

# docker logs app-https-portal-1 -f 
Signed certificate for xxx.xxxx.com 
[cont-init.d] 20-setup: exited 0. 
[cont-init.d] 30-set-docker-gen-status: executing... 
[cont-init.d] 30-set-docker-gen-status: exited 0. 
[cont-init.d] done. 
[services.d] starting services 
[services.d] done.

docker-composeで管理しているデータは、「/var/lib/docker/volumes/app_wordpress_data/」以下に存在します。

一度パーミッションを変更

# chmod 644 /var/lib/docker/volumes/app_wordpress_data/_data/wp-config.php 

wp-config.php の38行目くらいに下記4行を追加します。

define('FORCE_SSL_ADMIN', true);
if ( ! empty( $_SERVER['HTTP_X_FORWARDED_PROTO'] ) &&
$_SERVER['HTTP_X_FORWARDED_PROTO'] == 'https' ) {
    $_SERVER['HTTPS']='on';
}

ページ確認

下記で正しくSSL対応できている事を確認する。
https://wp.kumolabo.com/wp-login.php

SSL対応確認方法

1.6 次はFastCGIキャッシュを入れてみます。

NginxのFastCGIキャッシュ機能は、FastCGIのレスポンス( Nginxがバックエンドのサーバーに処理を渡した結果)を直接キャッシュする機能です。

1.6.1 RAMディスクを作成

キャッシュの保存先として、メモリを利用したRAMディスクを作成しておきます。

# cat  << EOF >> /etc/fstab 
tmpfs   /tmpfs  tmpfs   defaults,size=1024m,noatime,mode=1777   0   0   EOF 

# mkdir /tmpfs 
# mount /tmpfs 
# chmod 777 /tmpfs 
 
# df -h /tmpfs 
Filesystem  Size    Used    Avail   Use%    Mounted on 
tmpfs       1.0G    0       1.0G    0%      /tmpfs 

1.6.2 設定追加の為confファイルをコピー。

FastCGIキャッシュの設置を行うために、現在動作しているコンテナの設定ファイルをコピーして持ってきます。

# docker cp app-wordpress-1:/opt/bitnami/nginx/conf/nginx.conf . 
# docker cp app-wordpress-1:/opt/bitnami/nginx/conf/bitnami/php-fpm.conf . 

1.6.3 nginx.confの修正

nginx.confの28行目あたりに、下記の設定を追加

# cat -n nginx.conf 
28: fastcgi_cache_path /tmpfs/fpmcache levels=1:2
    keys_zone=fpmcache:30m max_size=512M inactive=600m; 
29: fastcgi_cache_key "$scheme$request_method$host$request_uri"; 

1.6.4 php-fpm.confの修正

10 set $do_not_cache 0; 
11
12 #    -- POST or HEAD ? 
13 if ($request_method != "GET") { 
14   set $do_not_cache 1; 
15 } 
16 
17 #    -- Login or Comment or Post Editting ? 
18 if ($http_cookie ~ ^.*(comment_author_ | 
       wordpress_logged_in |
       wp-postpass_).*$)
   { 
19   set $do_not_cache 1; 
20 } 
21 fastcgi_cache fpmcache; 
22 fastcgi_cache_valid 200 60m; 
23 add_header X-F-Cache $upstream_cache_status; 

1.6.5 docker-compose.ymの修正

wordpress:の箇所のvolumesに下記を追加

# cat -n docker-compose.yml 
  wordpress: 
    image: docker.io/bitnami/wordpress-nginx:5 
    #ports: 
    #    - '80:8080' 
      #- '443:8443' 
    volumes: 
      - 'wordpress_data:/bitnami/wordpress' 
      - './nginx.conf:/opt/bitnami/nginx/conf/nginx.conf' 
      - './php-fpm.conf:/opt/bitnami/nginx/conf/bitnami/php-fpm.conf' 
      - '/tmpfs:/tmpfs' 

1.6.6 docker-composeで設定反映

# docker-compose up -d

1.6.7 キャッシュの確認方法

他のサーバーなどから、curlで確認する方法

1度目のアクセスでは、X-Nginx-CacheMISSとなっていて、これはキャッシュにアクセスしていないということです。

$  curl -k -D --s -o /dev/null  https://wp2.kumolabo.com/wp-
content/themes/twentytwentytwo/assets/
images/flight-path-on-transparent-d.png 

HTTP/1.1 200 OK 
Server: nginx 
Date: Thu, 28 Jul 2022 08:07:52 GMT 
Content-Type: image/png 
Content-Length: 103639 
Connection: keep-alive 
Last-Modified: Thu, 28 Jul 2022 07:34:24 GMT 
ETag: "62e23c00-194d7" 
Expires: Thu, 31 Dec 2037 23:55:55 GMT 
Cache-Control: max-age=315360000 
X-Frame-Options: SAMEORIGIN 
X-Nginx-Cache: MISS 
Accept-Ranges: bytes

2度目のアクセスでは、X-Nginx-Cache:HITとなっていて、キャッシュにアクセスした事が分かります。

$  curl -k -D --s -o  /dev/null  https://wp2.kumolabo.com/wp-
content/themes/twentytwentytwo/assets/
images/flight-path-on-transparent-d.png 

HTTP/1.1 200 OK 
Server: nginx 
Date: Thu, 28 Jul 2022 08:07:54 GMT 
Content-Type: image/png 
Content-Length: 103639 
Connection: keep-alive 
Last-Modified: Thu, 28 Jul 2022 07:34:24 GMT 
ETag: "62e23c00-194d7" 
Expires: Thu, 31 Dec 2037 23:55:55 GMT 
Cache-Control: max-age=315360000 
X-Frame-Options: SAMEORIGIN 
X-Nginx-Cache: HIT
Accept-Ranges: bytes

1.7次にリバースプロキシキャッシュを追加します。

1.7.1 docker-compose.ymlの修正

3   https-portal: 
4   image: steveltn/https-portal:1 
5   ports: 
6    - '80:80' 
7    - '443:443' 
8    links: 
9      - wordpress 
10   #restart: always 
11   restart: unless-stopped 
12   environment: 
13     DOMAINS: 'wp.kumolabo.com -> http://reverse-proxy' 
14     #STAGE: 'local' 
15     STAGE: 'production' 
16     #FORCE_RENEW: 'true' 
17     reverse-proxy: 
18     image: nginx 
19     links: 
20       - wordpress 
21       volumes: 
22         - './nginx/default.conf:/etc/nginx/conf.d/default.conf'
23         - '/tmpfs:/tmpfs'

1.7.2 リバースプロキシキャッシュのNginx設定追加

# cat nginx/default.conf 

proxy_cache_path /tmpfs/rpcache
keys_zone=rpcache:1m max_size=512m inactive=24h; 

proxy_temp_path /tmpfs/rpcache_tmp; 

server { 
  listen 80; 
  server_name wp.kumolabo.com;
  location / { 
    proxy_request_buffering off; 
    proxy_pass http://wordpress:8080/; 
    proxy_redirect off; 
    proxy_set_header Host $http_host; 
    proxy_set_header X-Forwarded-For
      $proxy_add_x_forwarded_for; 
    #  基本はキャッシュしない 
    set $do_not_cache 1; 
    #  画像のみキャッシュさせる 
    if ($uri ~* "\.(jpg|jpeg|png|gif|css|js|ico|svg)$") { 
      set $do_not_cache 0; 
    } 
    proxy_no_cache $do_not_cache; 
    proxy_cache_bypass $do_not_cache; 
    proxy_ignore_headers Cache-Control; 
    proxy_cache rpcache; 
    proxy_cache_key $uri; 
    proxy_cache_valid 200 302 20m; 
    proxy_cache_valid 404 10m; 
    #  レスポンスヘッダにキャッシュヒットしたかどうかを含める 
    add_header X-Nginx-Cache $upstream_cache_status; 
  } 
} 

1.7.3 docker-composeで反映

# docker-compose up -d 

1.7.4 確認

Curlでキャッシュの確認を行います。

1度目のアクセスは、X-Nginx-Cache: MISSとなります。

$  curl -k -D --s -o /dev/null  https://wp2.kumolabo.com/wp-
content/themes/twentytwentytwo/assets/
images/flight-path-on-transparent-d.png 

HTTP/1.1 200 OK 
Server: nginx 
Date: Thu, 28 Jul 2022 08:07:52 GMT 
Content-Type: image/png 
Content-Length: 103639 
Connection: keep-alive 
Last-Modified: Thu, 28 Jul 2022 07:34:24 GMT 
ETag: "62e23c00-194d7" 
Expires: Thu, 31 Dec 2037 23:55:55 GMT 
Cache-Control: max-age=315360000 
X-Frame-Options: SAMEORIGIN 
X-Nginx-Cache: MISS
Accept-Ranges: bytes 

2度目のアクセスでちゃんとキャッシュから読み込みX-Nginx-Cache: HITとなっている事が分かります。

[matsui@adm3004 ~]$ curl -k -D - -s    -o /dev/null https://wp2.kumolabo.com/wp-
content/themes/twentytwentytwo/assets/images/flight-path-on-transparent-d.png 
HTTP/1.1 200 OK 
Server: nginx 
Date: Thu, 28 Jul 2022 08:07:54 GMT 
Content-Type: image/png 
Content-Length: 103639 
Connection: keep-alive 
Last-Modified: Thu, 28 Jul 2022 07:34:24 GMT 
ETag: "62e23c00-194d7" 
Expires: Thu, 31 Dec 2037 23:55:55 GMT 
Cache-Control: max-age=315360000 
X-Frame-Options: SAMEORIGIN 
X-Nginx-Cache: HIT 
Accept-Ranges: bytes 

キャッシュ前と、キャッシュを入れた後のベンチマーク比較

ABテストでベンチマークを行った結果…

ベンチマーク比較では、1300%程度の性能向上がみられました!!

before after 比較
Time taken for tests 58.835 4.236 1389%
Requests per second 17 236.09 1389%
Connection Times Total 5579 412 1354%
1秒で処理できるリクエスト数
テストに要した時間
コネクションに要した時間

まとめ

いかがでしたでしょうか?Docker Composeを使って、WordPressの立ち上げを検討している方の参考になれば幸いです。

この記事を書いた人

松井信弥

元プログラマ、HS.inc(GMO CLOUD America)でネットワーク・サーバ・サービス・開発まで広く携わる。
ほぼシリコンバレーのデータセンター内に住んでました。
GMOグローバルサイン・HDに移ってからは、パブリッククラウドの立ち上げから構築・運用まで行い、現在は企画開発に参加新たなサービス生み出し中。
新しい技術大好きで気になると調べずにはいられない、家では娘に甘々なパパしております。
趣味は、筋トレ・サウナ・バスケットボール

GMOクラウドアカデミーYouTubeチャンネルはこちらから

アカデミー用バナー

メルマガ会員募集中!

アカデミーの最新情報や会員限定のお得な情報をお届けします。

メルマガ登録はこちら