2022.03.10

AWS 直接契約とは?[AWS入門]

[AWS入門] AWS 直接契約とは?

「AWS 直接契約」とは?AWSと契約する以外の方法とは?AWSを上手に利用する上で知っておきたい「契約方法」をご紹介いたします。

目次

  1. AWSを利用する方法
  2. AWS 直接契約とは?
  3. AWSパートナーとの契約とは?
  4. まとめ

AWSを利用する方法

「Amazon EC2でサーバーを立ち上げて利用したい」
「Amazon RDSへデータベース移行したい」
AWSのプラットフォームやサービスの利用者数は、年々増えています。そんなAWSを利用する方法は、2種類あります。AWS 直接契約と呼ばれるように(1)AWSと直接契約する方法と、(2)AWSパートナーと契約する方法です。2種類の契約方法を見てみましょう。

AWS 直接契約とは?

AWS 直接契約とは、文字通り、AWSと直接契約することを指します。個人、個人事業者、官公庁、任意団体、法人といった利用者の属性を問わず、誰でもこの方法によってAWSを利用できます。

AWSと直接契約するには、AWSの公式サイトから申し込みます。これによって、ご希望のクラウドサービスを利用できるようになります。また、困った時は、AWSのカスタマーサポートに問い合わせることで、問題解決に向けたサポートを受けられます。サービスやサポートの対価として料金が発生する場合、AWSへ直接お支払いします。

AWSパートナーとの契約とは?

AWS パートナーネットワーク (APN) の参加条件を満たし、公式に認定を受けた法人をAWSパートナーと呼びます。多様な専門知識、堅実な実績を有するAWSパートナーの多くは、SSIer、クラウド/SaaS提供事業者、コンサルティング会社といった法人です。

このうち、AWS請求代行と呼ばれるサービスを提供しているAWSパートナーと契約することで、AWSを利用できます(図1)。AWSリセール、AWS支払い代行と呼ばれることもあります。

AWS直接契約と異なるAWS請求代行サービスの利用イメージ

一番のメリットは、AWSを定価より格安に利用できる点です。

AWSパートナーによって提供されている法人向けサービスは、AWS請求代行サービス、AWSリセール、AWS支払い代行などと呼ばれています。AWS請求代行を利用すると、AWSと直接契約(AWSの公式サイトから申し込んで利用すると、AWSと直接契約です)するのではなく、AWSパートナーと契約することになります。これにより、日本円建て請求書を受け取り、銀行振込でAWS利用料を支払うことができるようになります。また、一定の値引きを受けられるといったメリットがあります。

まとめ

AWSを利用する前に、それぞれのメリット、デメリットを確認して契約方法を選ぶことをおすすめします。

AWSパートナーである当社が運営する「CloudCREW」では、初期費用0円、月額費用0円でお支払額の割引を適用するAWS請求代行サービスをご用意しています。まさに、お客さまに利益還元するスタイルのサービスです。

AWSの契約方法のメリット、デメリットや、AWSのコスト削減に興味がある方は、対面/電話による無料相談窓口や詳しいサービス資料をご用意していますので、お気軽にご相談ください。

CloudCREW byGMO AWS請求代行 コスト効率化
AWS直接契約よりAWS請求代行!AWS無料相談会開催中

この記事を書いた人

クラウド推進チーム

GMOグローバルサイン・HDがお客さまに提供する価値は『コトをITで変えていく。』です。
クラウド推進チームはこの価値を提供するためのチームです。
このブログでは、お客さまにとって有益なクラウド情報を発信してまいります。

GMOクラウドアカデミーYouTubeチャンネルはこちらから

アカデミー用バナー

メルマガ会員募集中!

アカデミーの最新情報や会員限定のお得な情報をお届けします。

メルマガ登録はこちら