• ホーム
  • オブジェクトストレージ

オブジェクトストレージ

160729_objectstgoofys_mv

2016.08.12

オブジェクトストレージをパッケージを使って活用してみよう(goofys編)

オブジェクトストレージの活用方法を考えていく連載第3回になります。まだまだ速度に問題があることが判明してきました。その上で、この記事では、オブジェクトストレージを利用するためのコマンド「goofys」コマンドの使い勝手を試してみましたので、ご参照ください。

160725_objectsts3cmd_mv

2016.07.25

オブジェクトストレージを活用してみよう(s3fs編)

オブジェクトストレージは安価にバックアップを保存しておくことが可能なサービスとして活用されることが増えてきました。しかし慣れていない方にはまだまだ難しいかもしれません。この記事では、オブジェクトストレージを利用するためのコマンド「s3fs」コマンドの使い勝手を試してみましたので、ご参照ください。

160314_altuscosol_main

2016.03.14

fluentdでNginxのWebサーバーのアクセスログをオブジェクトで安く保管しちゃう方法

fluentdとはサーバー運用時に発生するログの集約やその転送を簡単に行うためのミドルウェアです。この記事ではNginxをインストールし、集積したWebサーバーのログを定期的にオブジェクトストレージにバックアップしていく環境の構築手段をご紹介します。

160725_obujectst_mv

2016.01.12

オブジェクトストレージを活用してみよう(s3cmd編)

オブジェクトストレージは安価にバックアップを保存しておくことが可能なサービスとして活用されることが増えてきました。しかし慣れていない方にはまだまだ難しいかもしれません。この記事では、オブジェクトストレージを利用するためのコマンド「s3cmd」をご紹介いたします。

151005_docker_01

2015.10.05

Docker Registry 2.1 でプライベート レジストリを構築

Docker Registryをパブリッククラウド上の仮想サーバーにインストールして、プライベートなレジストリサーバーとして設定する手順をご紹介します。Dockerレジストリは無料で公開されてはいますが、自分だけのレジストリが必要になるかもしれません。そんなときにはこちらの記事を参照ください。

150914_s3fs

2015.09.14

s3fsコマンドでオブジェクトストレージをマウントしてみよう!

s3fsはオブジェクトストレージをサーバーにマウントすることが可能な便利なソフト。s3fsコマンドを利用して、オブジェクトストレージを仮想サーバーのディスクとして活用しよう。オブジェクトストレージをマウントすることで、ログの出力先として利用も可能なので、ストレージのコストダウンにオススメです。

150629_backup_main

2015.06.29

大容量データはオブジェクトストレージにぽんぽん保存しちゃおうね~というお話

サーバーを運営していく中でデータは肥大化していきます。これらのデータを可能な限りコストを抑えて保管していくためには、データをそのままサーバーに保管せずに、安価なストレージに移動していくこともオススメです。この記事では、コストダウンについてご紹介します。

インタビュー記事

IoTの窓口

docker-tips_bnr

writer