• ホーム
  • VPS
  • VPSとレンタルサーバーのメリット・デメリット
2023.01.10

VPSとレンタルサーバーのメリット・デメリット

難易度
1
カテゴリー
VPS
タグ
VPS
レンタルサーバー

目次

  1. はじめに
  2. VPSとレンタルサーバーの紹介
  3. VPSのメリット
  4. VPSのデメリット
  5. レンタルサーバーのメリット
  6. レンタルサーバーのデメリット
  7. VPSとレンタルサーバーの違い
  8. まとめ

はじめに

VPS(仮想専用サーバー)やレンタルサーバーへの乗り換えを検討されている方はいらっしゃいますか?本記事では、VPSとレンタルサーバーのメリット・デメリットをご案内します。VPSとレンタルサーバーの具体的なメリットや、乗り換えの際の注意点などをご紹介します。

VPSとレンタルサーバーの紹介

VPSは、Virtual Private Serverの略語で、物理サーバーを複数の仮想サーバーに分割して利用するホスティングサービスの一種です。それぞれの仮想サーバーは、独自のCPU、RAM、ディスク容量、およびその他のリソースを持つ独立した物理マシンのように動作します。これにより、複数のサーバーを必要とする企業や、迅速なシステム拡張を希望する企業にとって、より柔軟でコスト効率の高いサービスを利用することが可能になります。

レンタルサーバーは、企業が一定期間にわたってホスティングプロバイダーからサーバー上の一定リソースを借りるホスティングサービスの一種です。このタイプのホスティングサービスは、サーバー管理の手間を最小限としたい企業や、新しいハードウェアに投資せずに最小限の費用で自社サイトの運営やメール活用を行いたい企業にとって理想的です。

VPSのメリット

VPSは、一般的なホスティングサービスに比べると、総合的に費用対効果の高い選択肢です。レンタルサーバーに比べると割高に見えますが、VPSはハードウェアとメンテナンスのコストを節約しながら、レンタルサーバー以上の高いパフォーマンスを得ることができます。また、VPSは、仮想サーバーの仕様を要件にそって設定できるため、サーバー利用時の柔軟性が大幅に向上しています。事業やサービス拡大時、または縮小時などは、必要に応じて仮想サーバーを追加・拡張・削除できるため、利便性も良いことがあげられます。

VPSのデメリット

VPSは安価かつ定額で高パフォーマンスを調達できる点で費用対効果が高いのですが、それでもレンタルサーバーよりは割高です。さらに、仮想サーバーを効果的に管理・設定するためには、ある程度の技術的知識が必要とされます。レンタルサーバーに比べると、自由度が高い一方、仮想サーバーの構築・運用面での負担が高まります。

レンタルサーバーのメリット

レンタルサーバーは、メールアドレス、CGI/PHP,データベースなど、あらかじめ準備の整ったサーバーを即座に利用することができます。このため、企業は新しいハードウェアやサーバー構築などに投資することなく、迅速にサーバー利用を開始し、ホスティングサービスの恩恵を受けることができます。さらに、ホスティングプロバイダーが運用、メンテナンス作業を担当するため、管理者の技術力をそこまで求めることもなく、人件費を節約することもできます。

レンタルサーバーのデメリット

レンタルサーバーは、VPSに比べて、サーバーのカスタマイズの自由度やパフォーマンスが低くなります。高負荷なWebアプリケーションを利用したい、よりアクセスの多いWebサイト運用を行いたいといったサーバーに対する要件が増えた場合、柔軟に対応できなくなります。また、サーバーの設定や使用方法にも制限がある場合があります。

VPSとレンタルサーバーの違い

VPSとレンタルサーバーの主な違いは、VPSはより高いサーバーの制御性とシステム要件に対する柔軟性があること、レンタルサーバーはサーバー管理の手間や投資を省いて手軽にWeb&メール機能を利用したい企業にとって有益であることです。ただし、レンタルサーバーはVPSに比べて安い一方、より多くの機能や性能の制限を受けることがあります。

まとめ

結論として、VPSとレンタルサーバーのどちらを選ぶかは、ビジネスの具体的な要件と予算、技術者を要した運用体制の有無によって決まると言えます。VPSはサーバーをより柔軟に構築・運用できる一方、レンタルサーバーは非技術者向けであるため、サーバー管理も簡単です。

さて、当社が運営する「クラウドVPS byGMO」では、最大14日間無料でVPSをお試し利用できます。ユーザーズガイドも充実しており、またお試し期間中も技術サポートを無料で受けられますので、VPS初心者でも安心です。

>> 「クラウドVPS byGMO」を使ってみる(無料お試し)

この記事を書いた人

クラウド推進チーム

GMOグローバルサイン・HDがお客さまに提供する価値は『コトをITで変えていく。』です。
クラウド推進チームはこの価値を提供するためのチームです。
このブログでは、お客さまにとって有益なクラウド情報を発信してまいります。

GMOクラウドアカデミーYouTubeチャンネルはこちらから

アカデミー用バナー

メルマガ会員募集中!

アカデミーの最新情報や会員限定のお得な情報をお届けします。

メルマガ登録はこちら