• ホーム
  • AWS
  • AWSサービスクォータを調べる方法
2023.01.05

AWSサービスクォータを調べる方法

AWSサービスクォータを調べる方法

AWS のService Quotas(サービスクォータ)と呼ばれるデフォルトの上限値を調べる方法を解説します。

目次

  1. AWSのサービスクォータとは?
  2. サービスクォータを調べる方法
    1. 公式サイトのリファレンスガイド
    2. AWS Service Quotas コンソール
    3. コマンド操作
  3. まとめ

AWSのサービスクォータとは?

AWSには、サービスに対してService Quotas(サービスクォータ)が設けられています。サービスクォータとは、あらかじめ設定されたデフォルトの上限値です。以前、クォータのことを制限と呼んでいたことも。

たとえば、Amazon S3のサービスクォータ(図1)は多岐にわたって設定されています。

図1 Amazon S3のサービスクォータ

特に明記されていない場合、サービス単位だけでなく、リージョンごとのサービスクォータも存在すると、公式サイトでは案内されています。

公式サイト

AWSのサービスクォータを調べる方法

AWSのサービスクォータを調べる方法は、3つあります。

(1) 公式サイトのリファレンスガイド「サービスエンドポイントとクォータ」を参照

(2) AWS Service Quotas コンソールにログインして参照

(3) list-service-quotas コマンドとlist-aws-default-service-quotas AWS CLI コマンドを使用

AWSの契約前、または上限緩和申請前にクォータのデフォルト設定を調べるのであれば、(1)の方法がおすすめです。AWSを契約後、または前任者が過去に上限緩和申請を行ったなどの理由で上限値がデフォルト設定と異なる場合、(2)または(3)の方法がおすすめです。なお、なお、上限緩和申請前の方法は、別記事「AWS上限緩和申請の方法とは。かかる時間は?」をご参照ください。

(1)公式サイトのリファレンスガイド

AWSアカウント開設時のデフォルト設定を確かめるには、公式サイトのリファレンスガイド「サービスエンドポイントとクォータ」を参照しましょう。最新のサービス仕様を確認できます。

需要の高そうなサービスをピックアップして、案内ページへのクイックリンク集をご用意しました。

Amazon Aurora エンドポイントとクォータ

AWS Certificate Manager エンドポイントとクォータ

Amazon CloudFront エンドポイントとクォータ

Amazon CloudWatch Logs エンドポイントとクォータ

Amazon Elastic Block Store エンドポイントとクォータ

Amazon Elastic Compute Cloud エンドポイントとクォータ

Elastic Load Balancing エンドポイントとクォータ

ここに載っていないサービスは、前述のガイドにあるサービス一覧の中からお探しください。

中長期にわたってAWSを利用して、システム管理者が何人も変わっている場合、またはご自身で上限緩和申請をしてサービスクォータを変えている場合は、後述する方法で最新のサービスクォータを調べてみましょう。

(2)AWS Service Quotas コンソール

AWS Service Quotas コンソールは、AWSアカウント単位、サービス単位でクォータを確認できます。

AWS Service Quotas コンソールのダッシュボードから、確認したいサービスを選択します。

AWS Service Quotasのダッシュボード

Amazon EC2を選択すると、クォータの名称に対して「適用されたクォータ値」「AWSのデフォルトのクォータ値」そして調整の可否が表示されます。

AWS Service QuotasでAmazon EC2を表示

Amazon EC2の「Running On-Demand Standard (A, C, D, H, I, M, R, T, Z) instancesを選択すると、詳細な情報が表示されます。この画面から、クォータの引き上げをリクエストもできます。

AWS Service Quotasでクォータ引き上げをリクエスト

「EC2-VPC Elastic IPs」を選択すると、同様に詳細が表示されます。クォータ増加リクエストの申請履歴を確認できます。ステータスを確認すると、リクエストが承認され、クォータを増やせたことを確認できます。

Elastic IPのクォータ増加リクエスト履歴を表示

(3)コマンド操作

list-service-quotas コマンドと list-aws-default-service-quotas AWS CLI コマンドを使用します。

Elastic IPのクォータ増加リクエスト履歴を表示

まとめ

ご自身でAWSのサービスクォータを調べる方法としては、(1)公式サイトのリファレンスガイド「サービスエンドポイントとクォータ」を参照、(2)AWS Service Quotas コンソールにログインして参照、そして(3)コマンド操作の3種類です。

実は、もうひとつあります。

もしAWS運用業務をAWSパートナーに委託している場合は、AWSパートナーに連絡して状態を調べてもらうことも可能です。AWS運用代行は広く普及しており、休祝日、営業時間外の監視・運用を手掛けるだけでなく、リソースの管理、上限緩和申請など、忙しいシステム管理者にかわって煩雑な業務を行ってくれる力強い味方です。興味のある方は、当社のAWS運用代行「マネージクラウド for AWS」をぜひチェックしてみてください。

文献

初回掲載日:2023年1月5日 更新日:2023年1月11日

CloudCREW byGMO AWS請求代行 コスト効率化

この記事を書いた人

クラウド推進チーム

GMOグローバルサイン・HDがお客さまに提供する価値は『コトをITで変えていく。』です。
クラウド推進チームはこの価値を提供するためのチームです。
このブログでは、お客さまにとって有益なクラウド情報を発信してまいります。

GMOクラウドアカデミーYouTubeチャンネルはこちらから

アカデミー用バナー

メルマガ会員募集中!

アカデミーの最新情報や会員限定のお得な情報をお届けします。

メルマガ登録はこちら