やってみよう!

170130_Plesk12_mv

2017.01.30

Plesk 12 – 地味だが役に立つ 自己修復ユーティリティ

PleskはGUIでサーバーの管理や設定変更が行える非常に便利なソフトウェアです。しかし行った設定が実際に反映されていなかったりなどのトラブルが発生する可能性があります。万が一に備えて、ご自身でトラブル解決するためのツールが実装されています。今回はその使い方をご紹介いたします。

161212_plesk12-php7_mv

2016.12.12

Plesk 12 - 最新のPHP7を使ってみよう

サーバーを運用していく中で、各ソフトウェアのバージョン管理はとても重要な業務となります。基本的にはコマンドラインによる操作を行っていくものですが、ブラウザ上からサーバー管理を行えるGUIツール「Plesk」なら簡単にアップデートを行うことが可能です。今回の記事では、PHP7へのアップデートについてご説明します。

難易度
2
カテゴリー
やってみよう!
タグ
plesk
筆者
パラレルス株式会社 鈴木隆之

161024_cdn_mv

2016.10.24

Plesk 12 - 無料のCDNを使おう

サーバーを利用したコンテンツ配信を行う場合には、CDNサービスを利用することで、サーバースペックや回線に余裕を持つことが可能になります。ブラウザ上でサーバーの管理を行うツール「Plesk」では、このCDNを無料で利用することが可能です。今回はPleskを利用したCDN設定手順をご紹介いたします。

難易度
2
カテゴリー
やってみよう!
タグ
CDN
plesk
筆者
パラレルス株式会社 鈴木隆之

160909_Plesk12_mv

2016.09.09

古いPleskじゃセキュリティも危ないかも!Plesk 12へのお引越し方法

ブラウザ上でサーバーの管理を行うツール「Plesk」。今回はこちらのツールを利用したサーバーのマイグレーション手順をご紹介いたします。Pleskのバージョンは定期的にアップデートが行われていますが、古いバージョンではセキュリティなどに問題がある可能性があります。この記事を参考に最新版に引っ越しをしてみましょう。

160829_Plesk12.5_mv

2016.08.29

セキュリティのためにも最新版を!Plesk 12.5にアップグレードしよう

webブラウザ上でサーバーの管理が行える「Plesk」の最新版「Plesk12.5」がリリースされました。GMOクラウドが提供しているALTUSで「Plesk12.0」をご利用のお客さまが、ご自分でアップグレードを行う方法を、Plesk提供元のパラレルス株式会社の方からご紹介いたします。

160815_DockerComposer_mv

2016.08.15

Docker composerでデータコンテナ分離とバックアップ・リストア

前回のDockerでコマンドの運用から、Composerという運用管理が楽になる方法を説明します。 また、Dockerのデータコンテナの分離や、「データボリューム」と「データボリュームコンテナ」の特徴、バックアップ・リストアの使い方もご紹介いたします。

難易度
2
カテゴリー
やってみよう!
タグ
Docker
筆者
吉岡朗

160729_objectstgoofys_mv

2016.08.12

オブジェクトストレージをパッケージを使って活用してみよう(goofys編)

オブジェクトストレージの活用方法を考えていく連載第3回になります。まだまだ速度に問題があることが判明してきました。その上で、この記事では、オブジェクトストレージを利用するためのコマンド「goofys」コマンドの使い勝手を試してみましたので、ご参照ください。

160808_nginx_mv

2016.08.08

Dockerでnginxを使ったマルチホスト〜コンテンツ別にコンテナ振り分け〜

Dockerの基本をおさえつつ、そのコンテナ次第で、幅広い使い方ができるnginxコンテナ。 今回はその「nginxコンテナ」と人気のCMS「WordPress」を使って、コンテンツ別にコンテナ振り分けとマルチホストの使い方をご紹介いたします。

難易度
2
カテゴリー
やってみよう!
筆者
吉岡朗

160725_objectsts3cmd_mv

2016.07.25

オブジェクトストレージを活用してみよう(s3fs編)

オブジェクトストレージは安価にバックアップを保存しておくことが可能なサービスとして活用されることが増えてきました。しかし慣れていない方にはまだまだ難しいかもしれません。この記事では、オブジェクトストレージを利用するためのコマンド「s3fs」コマンドの使い勝手を試してみましたので、ご参照ください。

160721_nginx_mv

2016.07.21

Nginx(エンジンエックス)をインストールした環境で、WordPressを導入してみた。

Nginx(エンジンエックス)のインストール方法をCentOSの環境で行い、わかりやすく紹介しています。また、NginxはWordPressの高速化が図れるWebサーバーとしても注目されています。 本記事では、Webサーバーのインストールのみならず、WordPressの導入方法から初期設定まで紹介していきます。

160620_ruby_scr01_p5

2016.06.21

Ruby on Railsアプリを更新して差分をデプロイ!Gitに登録してクラウドサーバーに送付

Ruby On Railsでアプリケーションを実際に作ってみよう!を目標に、その手順を一つ一つ説明していきます。連載第6回目の今回はデプロイです。作成したアプリケーションに変更が行われた際に、その差分をクラウドサーバーへデプロイしていく方法を学びましょう!

160620_ruby_scr01_p4

2016.06.09

cloud9とbootstrapで作成したRuby on Railsアプリをデザインしよう!

Ruby On Railsでアプリケーションを実際に作ってみよう!を目標に、その手順を一つ一つ説明していきます。連載第5回目の今回はデザインです。クラウド開発環境サービス「Cloud9」で作成したブログアプリの見栄えを変更していってみましょう。

160620_ruby_scr01_p3

2016.05.30

cloud9のRuby on Railsで作ったアプリをサーバーにデプロイしよう!

Ruby On Railsでアプリケーションを実際に作ってみよう!を目標に、その手順を一つ一つ説明していきます。連載第4回目の今回は、クラウド開発環境サービス「Cloud9」で作成したアプリケーションを、作成した仮想サーバーにデプロイする方法を説明します。

160620_ruby_scr01_p2

2016.05.23

cloud9のGitに登録!Ruby on Railsで作ったアプリを登録しよう!

Ruby On Railsでアプリケーションを実際に作ってみよう!を目標に、その手順を一つ一つ説明していきます。連載第3回目の今回は、プログラムバージョン管理「Git」と、作成した仮想サーバーを接続する方法を説明します。仮想サーバーの環境構築についても細かにご紹介しています。

160620_ruby_scr01_p1

2016.05.16

Ruby on Railsでアプリを作ろう!cloud9で始めるアプリ開発入門

Ruby On Railsでアプリケーションを実際に作ってみよう!を目標に、その手順を一つ一つ説明していきます。連載第2回目の今回は、クラウド開発環境サービス「Cloud9」上で、IDE(総合開発環境)を利用して、試しにアプリケーションの作成してみましょう。

docker-tips_bnr

writer