クラウド推進チーム

160314_glivic_mv

2016.02.24

【アナウンス】glibcライブラリ脆弱性(CVE-2015-7547)対応手順

2016年2月16日にglibcライブラリに深刻な脆弱性(CVE-2015-7547)が存在することが公開されました。こちらの記事では、GMOクラウドで提供しているサービスでの対応方法をご説明しています。起こりうる可能性のある問題「バッファオーバーフロー」についてもご説明しています。

1447051495

2015.11.16

マルチクラウドとは?クラウドサービスの使い分けとそのメリットを探る

ハイブリッドクラウドと呼ばれる構成はひとつの業者のクラウドだけを利用する必要はありません。クラウド×クラウドの構成の中でも、最近では異なるクラウド事業者のパブリッククラウドを使い分けたり、連携させたりするケースが増えています。この記事で、メリットをおさらいしていきましょう。

151109_hyb

2015.11.09

専用サーバーと組み合わせたハイブリッドクラウドのメリットとは?

今回の記事は、ハイブリッドクラウドの定番!クラウドのメリットと物理サーバーのメリットを、組み合わせた構成をご紹介します。この構成はクラウドのメリットである拡張性と、物理サーバーのメリットであるパフォーマンス、機密性をあわせもったハイブリッドな環境を構築する方法です。

20151026_temp_main

2015.10.26

パブリッククラウドならテンプレートを作って使って楽々構築可能です!

クラウドを初めとした仮想化環境を利用したサーバー構築のメリットのひとつに、テンプレート作成機能があります。このテンプレートを利用することで、同じ構成のサーバーを簡単に複製することが可能です。この記事では、テンプレート機能のメリットをおさらいしましょう。

151013_oldver

2015.10.13

古いOSだけど使っていたい。。。パブリッククラウドなら延命できますか?

サーバー運営者の方にはバージョン管理の悩みはつき物です。最新のバージョンを保ちたい。しかし古いバージョンを利用しなくてはならない事情もある。そんな時に役立つ記事です。クラウド上の仮想サーバーを利用して、システムを最新の状態に更新しつつ、古いバージョンのOSを延命する方法です。

難易度
2
カテゴリー
技術ナレッジ
タグ
ALTUS
クラウド
筆者
クラウド推進チーム

150928_backup

2015.09.28

パブリッククラウドは便利だね。バックアップもリストアも簡単にできるんだ

サーバーの運営を行ううえで、バックアップの取得は必ずと言って良いほど重要な作業となります。IaaSクラウドではバックアップの取得機能を提供していることがほとんどですので、バックアップの負担は軽減できます。この記事では、バックアップと、取得したバックアップからのリストアについてご説明します。

1440471059

2015.09.07

パブリッククラウドとの通信はVPNでセキュアにつなごう!

ハイブリッドクラウドの構成はクラウド×クラウドに限りません。自社環境に設置しているサーバー(オンプレミス)とクラウド上の仮想サーバーをつなぐことも可能です。その際に懸念となるデータの安全性を確保するためにオススメな方法VPNをご紹介いたします。

150831_make_cloud

2015.08.31

本番環境まるごと複製!IaaSクラウドなら簡単に可能です

クラウドを初めとした仮想環境でのサーバー構築のメリットにスナップショット取得機能があります。ディスクスナップショットは本番環境を複製するための機能の一つ。この機能を用いれば、本番環境にいきなりパッチの適用を行うような危険なことを行わずにすみます。この記事で機能の復習をしましょう。

20150727_vs

2015.07.27

これで安心!IaaSクラウドのバックアップは社内ストレージに保存しておける

クラウド上のサーバーのバックアップを自社環境へ移し、コストを削減する方法です。クラウドには、システムの柔軟性向上や、構築/運用コストの削減、運用負荷の軽減など、さまざまなメリットがありますが、バックアップという点でも大いに効果が期待できます。

150721_system

2015.07.21

クラウドと何をあわせる?ハイブリッドクラウドの柔軟性を活かそう!

最近では、複数種類のインフラを組み合わせたハイブリッドクラウドが一般的になってきました。ひとくちにハイブリッドクラウドといっても組み合わせは実は様々。各種クラウド環境やオンプレミスの【いいとこどり】により、可用性・拡張性の高いシステムを柔軟に構築する視点をご紹介します。

150629_backup_main

2015.06.29

大容量データはオブジェクトストレージにぽんぽん保存しちゃおうね~というお話

サーバーを運営していく中でデータは肥大化していきます。これらのデータを可能な限りコストを抑えて保管していくためには、データをそのままサーバーに保管せずに、安価なストレージに移動していくこともオススメです。この記事では、コストダウンについてご紹介します。

150622_server

2015.06.22

ラウンドロビン!リーストコネクション!Webサーバーの負荷軽減色々

サーバーの負荷には、ネットワークのトラフィックによるものがあります。アクセスが集中してしまう場合などに起因するものです。そういったサーバーの負荷を軽減する方法のひとつにロードバランサーを利用するものがあります。この記事では、ロードバランサーの最適な使い方をご紹介いたします

20150525_net

2015.05.25

用途に合わせてセグメントを分ければサーバーを安心運用できますね!

この記事ではネットワークセグメントを紹介します。サーバーの公開範囲はさまざまです。社内の人間からのアクセスのみにしたい場合や、Webサーバーのように外部からのアクセスを行える場合もあります。それぞれの目的に合わせて、ネットワークのセグメントを設定することで、安全性を高めてサーバー運営を行うことがです。

150427_cloud_verification

2015.04.27

そのアップデート待って!?クラウドなら検証環境構築簡単に出来るから!

IaaSクラウドでは、ディスクの状態を取得してバックアップを取る「スナップショット」機能が提供されています。この機能を利用することで同一環境を簡単に作成することが可能です。パッチを当てる前に検証を行うなど利用によるメリットが大きいので、この記事を参考に利用方法を覚えておきましょう。

150420_fw_con

2015.04.20

iptabelsは難しい?IaaSクラウドならブラウザから簡単ファイアーウォール

サーバーのセキュリティを高める方法のひとつに「ファイアーウォール」があります。サーバーの中で設定を行うには知識が必要ですし、機器を導入するにはコストがかかります。IaaSクラウドでは標準機能としてファイアーウォールを提供しているものもあります。この記事ではIaaSクラウドのファイアーウォール利用方法をご紹介。

サーバーの
悩みや疑問を募集中!
アカデミースタッフが回答します

質問してみる?

docker-tips_bnr

writer